Amazonプライムビデオ 映画

『コンジアム』感想 肝試しで散々な目に遭うユーチューバー 王道POVホラーの傑作!

Amazonプライムビデオで配信中の韓国ホラー『コンジアム』を観ました。人間食べ食べカエルさんがツイッターでリコメンドしてたので気になった次第。
手垢のつきまくった廃墟探索系POVホラーながら、鋭い演出でフレッシュな衝撃を与えてくれる秀作でした。
面白かった!

 

 

コンジアム

2018年 韓国
監督:チョン・ボムシク
出演:ウィ・ハジュン, パク・ジヒョン, オ・アヨン

コンジアム(字幕版)

 

評価 B

 

心霊スポットの探索動画で一攫千金を狙う、パリピ大学生風のユーチューバーたち。
「目指せ再生数100万!」
を合言葉に意気揚々といわくつきの廃墟病院に足を踏み入れるが…もちろんホンモノの心霊現象が彼らを襲う!

…というお話です『コンジアム』。

 

POVホラーと言えば元祖である『ブレアウィッチプロジェクト』から、本作と共通点の多い『グレイブエンカウンターズ』まで枚挙にいとまがありません。
とは言え本作『コンジアム』はガチの本気で怖いという点で過去作と一線を画します。
なにしろ出るぞ出るぞ…のタメと、満を持してのジャンプスケア演出との比率が完璧。
POVホラーにありがちな「思わせぶりな雰囲気だけで頑張って押し切る」という力技にたよらず、ちゃんと映像的説得力をもって怖がらせにきてくれるのがほんともう最高。見上げたおもてなし精神です。

 

チャラ大学生どもの浮かれポンチぶりを、わざわざ映画前半に大幅な尺をとって描写しているのもグッド。
「早くこいつらが恐怖にのたうち回って死ぬところが見たいなあワクワク」みたいな感じで、いい具合に心の期待ゲージを満たしてくれます。
男女ともに顔立ちが一斉に整っているのもなおさら嗜虐心をあおってグッド。

 

爆発しろリア充ども!!

 

そしてホンモノの心霊現象が一行を襲う終盤は、フェデ・アルバレス版『死霊のはらわた』もかくやの怒涛のショック描写連打。
「もう許してください( ;∀;)」と言いたくる恐怖の無限空中コンボです。
前半のタメが効いているからこそドッキリを誘う演出の数々は見事というほかありません。観客の見たいものをことごとく画面に出してくれるエクストリームおもてなし精神に脱帽です。

主観視点ホラーとは言え、登場人物をただの「ビデオカメラ持ってる人」ではなく「表情と視界を同時に映すホラーレポーター」にしたアイデアも光ってます。ユーチューバー世代ならではの発想。
なにしろ画面が常に誰かの怯え顔なので、半ば強制的に見ているこっちに不安が伝染します。
登場人物の怯え顔ドアップなどただ見るだけならウザいだけですが…例によってそこはタメの前半と怒涛の後半のギャップが上手い本作。相乗効果で見事なホラー演出に昇華されています。

 

画面は常に誰かの怯え顔。強制的にこっちまで不安になってきます。
なおこの演出を逆手に取り…

 

 

 

 

こういう事にもなったりします。
ビクウッッ( ゚Д゚)!!

 

そんな訳で思わぬ拾いものでした『コンジアム』。
これは世界に通用するレベル…。ほんとここ数年の韓国映画の勢いには目を見張るものがありますよね!

今回の感想は以上です!

 

 

 

⇩当ブログのホラー関連記事まとめはこちら。






-Amazonプライムビデオ, 映画

© 2020 おふとんでシネマ