Netflix Amazonプライムビデオ 映画

『シンプル・フェイバー』感想 先の読めない二転三転サスペンス!だがそんなことよりアナケンが可愛すぎる

ポール・フェイグ監督の『シンプル・フェイバー』を観ました。
めっちゃ良かったです。面白かった!

予測不能の展開、センス抜群のBGM、おしゃれなコメディ要素、そして超可愛いアナケン…すべての要素がガッチリ嵌まった大傑作。

『スパイ/SPY』しかり『ブライズメイズ』しかり、フェイグ監督の「"あくまで男性目線からの"女性賛歌」って大好きです。

 

 

シンプル・フェイバー

2018年 アメリカ
監督:ポール・フェイグ
出演:アナ・ケンドリック、ブレイク・ライブリー

シンプル・フェイバー(字幕版)

ステファニー(アナ・ケンドリック)は、おやつのレシピをせっせとブログにアップする系の一生懸命ママ。
そんなステファニーにとって、ニューヨークでバリバリ働く美人ママのエミリー(ブレイク・ライブリー)は憧れの相手だった。

ある日、ステファニーとエミリーはひょんなきっかけで友達同士になる。
何度か会ううちに急速に仲良くなっていく二人だったが…。エミリーは家族を残して突如失踪してしまうのだった。

 

 

評価 A

 

 

いや~カワイイですよねアナ・ケンドリック。
本作最大の魅力はまさにこれ。

根っからの良い子ちゃんであるステファニーは、奔放すぎるエミリーにちょっと引き気味。でもだからこそエミリーにより強く魅せられていきます。
"本質的に自分と異なる存在"に向けられる、困惑と憧れの入り混じった複雑な感情。普通に笑っても苦笑いに見えるアナ・ケンドリックは、そんな感情を湛えるこの役にピッタリです。
適役すぎてアナケンじゃなければ映画が成り立たないレベル。

 

で、出た~!
アナケンの必殺技「ふつうに笑っても苦笑い」だ~!かわいいッ!

 

エミリーの失踪に納得がいかないステファニーは独自に捜査を開始しますが、予想外の事態が重なり状況はますますカオスに...。
ワナを仕掛けたのは誰だ!?
エミリーの夫か?
エミリーの上司か?
それともステファニー自身なのか!?

二転三転どころか10転20転する壮絶な駆け引き。その果てに辿り着く意外な結末には驚愕の一言でした。ラスト1カットに至っては「してやられた!(;´Д`)」と思わず叫んでしまう痛快さ。完敗です。
ほんとフェイグ監督は"強い女性"が大好きですよね。

 

フェイグ監督と言えば…コメディ要素が多いのも『シンプル・フェイバー』を傑作させしめている一因だと思います。
常時踊ったり歌ったりするアナケン百面相のおかげでとにかく画面がコミカルかつ華やか。
「希望」「信仰」「400万」をかけた言葉遊びも洒脱でしたし、プリウスなんか乗ってる奴はダサいという偏見を粉砕するあのシーンも最高でした。
男性キャラたちの「憎めない役立たず」っぷりも笑えます。いかにもポール・フェイグ。

この話、描き方によっては『ガール・オン・ザ・トレイン』みたいなネチョネチョした女の争いになり兼ねなかったもんね。
『ガール・オン・ザ・トレイン』はあれはあれで面白かったけど、フェイグ監督のカラッとした雰囲気の方が気軽に楽しめるってもんよ。

 

GAPのブラウスにヴィトンのスカーフを合わせてしまい、おしゃれ番長に説教されるアナケン。
でも何着てもかわいいので問題はなかった。

 

「都会女子にあこがれる田舎ママにしては、アナケン自身が垢抜け過ぎだろ!」
とか
「ノックスの十戒を盛大に踏みにじり過ぎだろ!」
などなど申し上げたいことは色々ありますが、とにかく楽しめたので問題なし!
アナケン史上最高にかわいいアナケンが見られて眼福でした。

 

本作品の感想は以上です。
せっかくなので女の争いを描いた関連作をご紹介。

 

ガール・オン・ザ・トレイン(吹替版)

勝ち組奥様の座をかけて展開する、壮絶な女の争い。
…と見せかけて途中から意外な展開に。一寸先が読めない秀作サスペンスです。

エミリー・ブラントとレベッカ・ファーガソンという顔面力強すぎ二大女優が激突するのだから、もう見ているだけで胃がキリキリ(;^ω^)
一方、ヘイリー・ベネットはすっぽんぽんになるのでした…。

 

 

 

ゴーン・ガール (字幕版)

二転三転サスペンスの金字塔的傑作。
必ずしも女同士の戦いだけがテーマじゃないけど、コメディ寄りの点も含めて『シンプル・フェイバー』との共通点は多いです。
最初のシーンとラストシーンが一緒という円環構造が見事。画面は同じなのに意味合いがまったく変わるという、映像の叙述トリックがウマ過ぎる!

 

 

 

SPY/スパイ (吹替版)

『シンプル・フェイバー』を手掛けたポール・フェイグ監督の作品で、個人的にイチ推しなのがコレ。
フェイグ監督作では基本、男性キャラは屁の役にも立たないアホとして描かれます。それでいて論調に悪意がなく、毎回「憎めないバカ男」に落ち着くバランス感覚がとっても素敵。

で、この『スパイ/SPY』でそのアホ男を演じるのはまさかのジェイソン・ステイサム
男の中の男であるステ兄が、終始どうしようもないほどの役立たず。爆笑。これだけで見る価値大アリです!

メリッサ・マッカーシーらの、女の戦いと友情も見どころ!






-Netflix, Amazonプライムビデオ, 映画

© 2020 おふとんでシネマ