Netflix

『彼女、お借りします』見始めたらめっちゃ面白いでやんの

なんか雑に消費できる美少女アニメ見たいなーという気運の高まりを受けて『彼女、お借りします』を見始めました。
洗濯物たたむ間のヒマ潰しになればいいなぁ程度の身構えだったのですが、見始めたらコレがなかなか面白くてさー!

 

 

主人公は非モテ大学生の和也くん。この手のアニメの主人公が人格者だった試しがありませんが、彼もまた中々のゴミクズっぷりを発揮します。

和也くんが、恋人にフラれたさびしさを紛らわすためにレンタル彼女を利用し始めるところから物語はスタート。
親のすねかじり学生としては大枚である利用料を支払い、超美少女とのめくるめくデート体験を楽しむ和也くん。

ここまではいい。
「親のカネを水商売に使うなよ!」というツッコミなんて野暮なだけ。いい大人なんだし好きにしたらええやんで済む話です。

 

しかし和也くんはデート体験では飽き足らず、お相手を務めてくれた美少女に対し
「こんなフリだけの恋人関係ないか意味ねーし」
「こんなのやってて空しくならないワケ?」
と、あろうことか滔々と説教をし始めます。
ソープランドで事を致した後に、上から目線で嬢に説教し始める老害とまったく同じマインドです。やべえヤツです。

しかも和也くんは、相手の美少女の人の好さにつけこんで「これが僕の恋人です」と家族に紹介してしまう始末。
それ…ぜったい別料金のヤツだろ!
最初からその内容のサービスならいざ知らず、流れで無関係の女の子を自分の家族問題に巻き込むとか悪質過ぎるだろ!
ソープランドで事を致した後日に、とつぜん婚姻届けを持参して来店し「もう親にも説明しちゃったし!」と叫びながら嬢との結婚を迫り場を騒然とさせるイカレポンチとまったく同じマインドです。やべえヤツです。

 

「これは…キ〇ガイ大百科として楽しめる奇作かもしれない!」

 

そんなヨコシマな気持ちでさらに2話、3話と見始めたところ…。
意外と和也くんはまともな良識の持ち主だったことが分かってきます。自らのゴミクズっぷりや、自分がいかに周囲に迷惑をかけているかちゃんと認識している。
くだんの美少女に対してもしっかり謝罪します。謝って済む話なのかという問題は残りますが、相手の方がまんざらでもない感じなので結果オーライ。

さらに和也くんは、未練の残る元カノと"カネで買った"かりそめの今カノとの間で心が揺れ、もがきながらも自らの感情と向き合い成長していきます。
あれ?これ…意外とイイ話かも?

 

ドン・ジョン(吹替版)

商品としてパッケージされた恋愛とリアルな恋愛の境界はどこにあるのか…というテーマには、ジョセフ=ゴードン・レヴィットがスカーレット・ヨハンソンに手コキされてジーパンの中で暴発させられるラブコメ『ドン・ジョン』を彷彿とさせます。

 

現在第6話まで視聴済。
さらにここから3番目、4番目のヒロインが登場予定のようですね。
見かけによらず深いテーマにも挑戦しつつ、スナック菓子感覚で消費できるライトなエロコメとして良質なコンテンツな気がします『彼女、お借りします』。
日々の楽しみがいっこ増えたぜ。

 






-Netflix

© 2020 おふとんでシネマ