映画

涙目! 人生で最も怖かったホラー映画ランキングTOP10

2020年5月5日

当ブログでは管理人が独断と偏見で選出した様々な映画ランキングを紹介中です。

今回のテーマはホラー映画。
管理人が涙目にさせられた数々の最恐映画を紹介します。
鑑賞は自己責任でよろしく!

 

 

1位 オーディション

1999年 日本
監督:三池崇史
出演:石橋凌、椎名英姫

オーディション

映画のオーディションにやってきた女性の中から再婚相手を見つけようとする中年男性。
男はやがて一人の女性を見初めるが、それは想像を絶する恐怖の始まりだった…。

ニッポンが世界に誇る鬼才・三池崇史の最高傑作にして、我が人生最恐の映画。
スロウスタートな導入部から一転、ストーリーが走り出したら地獄までノンストップです。

いわゆるサイコスリラーに相当し非科学的な要素は出てこないはずの一品ですが、何が悪夢でどこまでが真実かが巧みにはぐらかされているため、他の映画の追随を許さない強烈な非現実感が味わえます。

椎名英姫が"飼っている"男性の衝撃的な姿、そしてラストの切断シーンはあまねく鑑賞者に絶対的なトラウマを植え付けるでしょう。
海外での評価も高く、その振り切った怖さはタランティーノを始め数多の映画人を虜にしてきました。

とにかく、恐い映画と言えば本作を外しては語れないザ・閲覧注意ムービーです。

 

 

2位 ヘレディタリー/継承

2018年 アメリカ
監督:アリ・アスター
出演:トニ・コレット、アレックス・ウルフ

ヘレディタリー 継承(字幕版)

自分が精神病家系のため、子供たちにも何らかの精神疾患が発症するのではないかと心配する母親。
温厚な父親と、好青年の長兄、そして不思議な力を持つ妹。
四人家族の未来には、想像を絶する恐怖が待ち受けていた…。

ゼロ年代の終わりに突如出現した謎の天才監督、アリ・アスター。その長編デビュー作です。

「これってどんな話なんだろう…」
と観る者を煙に巻くふんわりしたストーリー展開ですが、ある瞬間から突然恐怖エンジンが点火。
そこから先は息をつく暇もない怒涛のトラウマ体験です。

おそらく現代ホラーのターニングポイントになるであろう大傑作。
顔芸ひとつで観客を恐怖に陥れるトニ・コレットの鬼気迫る演技も必見です。
ストーリーに関しては一切予備知識の無いまま鑑賞するのをおすすめします。

 

 

3位 ミスト

2007年 アメリカ
監督:フランク・ダラボン
出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン

ミスト (字幕版)

町は突然霧に覆われた。そして霧の中から現れた異形の怪物が次々に人間を殺し始める。
スーパーマーケットにたまたま来ていた買い物客達は帰るに帰れなくなり、やむを得ず店内に立て籠もり生活する。
しかし待てども事態は改善せず、絶望が広がる生存者達の間で次第に異様なカルト集団が台頭してくる…。

後味悪い映画界のレジェンドです。

絶望感からどんどん正気を失っていく集団心理が恐ろしく、方向性を誤った「ピンチの時こそ結託しよう!」の行き着く先がとことんおぞましい。
いちいち虫っぽいクリーチャーらのデザインも素敵です。

しかし何より本作の恐さはラストのオチこそ真髄でしょう。
人はつい「自分は正しい」という前提のもとに他者の善悪を判断しがちです。そんな傲慢さに下されるラストシーンの強烈な鉄槌は、すべての観客を絶望のドン底に叩き落とします。

個人的に生涯二度と見たくない映画ナンバーワン。

 

 

4位 ブラックスワン

2010年 アメリカ
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス

ブラック・スワン (字幕版)

演舞の役作りに悩む若き女性バレリーナ。
彼女は舞台へのプレッシャーから徐々に正気を失い始める…。

ナタポーちゃん主演の強烈なサイコホラー。
何が現実で何が妄想かが分からなくなっていくストーリーが観客に凄まじい不安感を与えてきます。
自分の顔をメッタ刺しにするウィノナ・ライダーなどショック描写も充実。流血シーンが見たい御仁も大満足(?)です。

 

 

5位 呪怨 劇場版

2003年 日本
監督:清水崇
出演:奥菜恵、伊東美咲

呪怨 劇場版

呪いの家に関わった者へ訪れる恐怖を描いたオムニバスホラー。
ドッキリ演出を詰め込めるだけ詰め込んだジャパニーズホラーの到達点です。

大げさな幽霊屋敷ではなく平凡な一戸建てが舞台の点が生々しく、今晩あたり我が身に同じことが降りかかってきそうな臨場感があります。

 

 

6位 死霊館

2013年 アメリカ
監督:ジェームズ・ワン
出演:ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン

死霊館(字幕版)

平和で平凡な一家を襲う怪奇現象の数々。
一家は心霊現象の専門家ウォーレン夫妻(実在の人物)に助けを求めるが…。

実話系ホラーの生々しさとスピード感溢れる恐怖演出が高い次元で融合し、近年のホラー映画のアイコン的存在にまでのし上がった大傑作です。

視線誘導を巧みに計算した鋭い演出が全編に渡って貫かれれており、そのドッキリ度の高さはもはや芸術の域。
ドラマ部分も見ごたえがあり、ジャンル映画に留まらない非常に完成度の高い一品です。
かくれんぼのシーンはマジで恐い。

 

 

7位 スペル

2009年 アメリカ
監督:サム・ライミ
出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング

スペル

不気味な老婆の逆恨みを受け、呪いをかけられてしまった女性銀行員のクリスティン。
以来、クリスティンの身に次々と怪奇現象が襲い掛かる…!

スプラッタホラーの開祖にして真打、サム・ライミが仕掛けるビックリ系ホラー。
サム・ライミらしく恐怖演出の中に笑いが散りばめられており、たとえば
「美女の鼻血が噴水のように噴き出してオッサンの顔にかかる」
「お婆ちゃんの目ん玉が飛び出して美女の口にホールインワンする」
など、爆笑必至の悪趣味シーンが目白押しです。

しかし演出の鋭さは堂に入ったもので、普通に怖いから困る。
「ホラー映画だけど一周回って笑える」からさらに一周回って余計に怖くなったと言える映画です。
大好きな一本。

 

 

8位 回路

2001年 日本
監督:黒沢清
出演:加藤晴彦、麻生久美子

回路

「幽霊に会いたいですか?」

インターネット黎明期に登場した不条理系ジャパニーズホラー。
ネットという実態の無い「第二の現実」を「死後の世界」と融合させたアイデアは、インターネットが完全に普及しきった今日においても冴えています。

ジャパニーズホラーではありますが『リング』みたいにオバケがワーッと出てくる映画ではありません。むしろ画面の背景でさりげなく誰かが飛び降り自殺しているシーンに代表される、壮絶な不気味さが真髄。
哲学的な味わいも濃く、黒沢清のオンリーワンっぷりを強く感じることが出来る秀作です。

 

 

9位 コクソン/哭声

2017年 韓国
監督:ナ・ホンジン
出演:クァク・ドウォン、國村隼

哭声/コクソン (字幕版)

韓国のとある田舎町で、住人が突然豹変して家族を惨殺するという事件が頻発する。
加害者に共通するのは体に浮かび上がる謎の湿疹…。これは町はずれに住む不気味な日本人の呪いなのか。

トリッキーな展開がクセになるオカルトホラーです。
一見「猜疑心が悪魔を生む」というコンセプトの寓話に見えますが、一本筋の通った説明を拒否する不条理&不条理なストーリーが最高に面白い。
ゾンビあり悪魔憑きありの欲張りなエッセンスも素敵です。

上質な混沌が味わえる、韓国映画らしいダークな傑作。

 

 

10位 イット・フォローズ

2015年 アメリカ
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演:マイカ・モンロー、キーア・グルクリスト

イット・フォローズ(字幕版)

それはセックスによって人から人へ感染する。そして感染させられた者は「こちらに向かって歩いてくる何か」に追われ続けることになる。
「それ」に追いつかれれば、待つのは死のみ…。
ちょっとエッチな青春の1ページの代償に「それ」を感染させられてしまった女子高生は、想像を絶する恐怖を体験する運命に…。

低予算ホラーながら異例の大ヒットを記録した話題作です。

正体も目的も一切が不明のまま、ただひたすら歩き寄って来る「それ」がもう本当に怖い。いわば不可解と理不尽のコラボレーション。
こんなヤツに追い掛け回されるぐらいだったら、チェーンソー装備のホッケーマスク野郎と鬼ごっこした方が状況を理解できるだけ幾分心が安らぎます。

死の運命が「ある行動」によって他者になすりつけられるという設定には、ジャパニーズ・ホラーの金字塔『リング』の影響が強く感じられます。『リング』同様「誰かに感染させれば自分は助かるんじゃね?」という悪魔のささやきがストーリー上重要なポイントなのも興味深い点。
味のあるラストシーンも必見です!

 

 

まだまだあるぞ怖い映画!

当ブログのホラー映画関連まとめ記事はこちら!

【決定版】コワい映画まとめ!

続きを見る






-映画

© 2020 おふとんでシネマ