Netflix 映画 海外ドラマ

笑える(*´▽`*)!Netflixで観られるおすすめコメディ10選【2021年4月最新版】

2018年11月6日

「映画をおうちでいっぱい観たい!」という層にとっては神サービスであるNetflix。
新旧の映画にとどまらずアニメや海外ドラマ、オリジナル作品も豊富に揃っており飽きる暇がありません。

そんな訳で当ブログでは「Netflix配信作品の中で、結局どれが面白いのか知りたい!」という方のために、ジャンル別に厳選したおすすめ作品を紹介中です。

今回のテーマはコメディ映画
「とにかく笑いたい!」というシンプルな要望に応えてくれるおもしろ作品をまとめてご紹介します。

 

※2021年4月 記事更新しました

 

 

 ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー

2019年 アメリカ
監督:オリヴィア・ワイルド
出演:ピーニー・フェルドスタイン、ケイトリン・デヴァー

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(字幕版)

遊びや恋愛を犠牲にし、高校生活のすべてを勉強についやしてきた優等生のモリ―とエイミー。
念願かなって名門大学にも合格したけど…本当にこれでよかったのか私たちの青春!?
最後の最後ではっちゃけるべく、二人は卒業前夜パーティーに向けて行動を開始する!

非モテ女子の二人組が、失われたリア充ライフを取り戻そうとする青春コメディです。

LGBT要素を積極的に取り入れた現代的な要素と、あけすけな下ネタ要素がイヤミなく合体!
超一級のエンターテイメントに仕上がっていますこれは名作。

青春コメディの名作『スーパーバッド 童貞ウォーズ』の女子版&アップデート版と言えるかも。
女同士の友情っていいよね!

 

 

テッド

2012年 アメリカ
監督:セス・マクファーレン
出演:セス・マクファーレン、マーク・ウォルバーグ

テッド (吹替版)

「大好きなぬいぐるみと本当の友達になりたい」
純朴な少年の願いが叶い、かわいいクマのぬいぐるみに命が宿った。喋るクマ「テッド」が爆誕!
…しかし時は流れ27年後。少年はうだつの上がらないヘボ大人になり、テッドは見た目こそ変わらないものの中身は汚いオッサンと化していた。

クマが喋るかわいいファミリー映画と見せかけて、超ドギツイ下ネタの連打で観客をノックアウトする強烈な一作。
下ネタのみならずジャスティン・ビーバーやライアン・レイノルズをこき下ろす芸能人ネタもキレキレです。

カルト的人気を誇る荒唐無稽SF映画『フラッシュ・ゴードン』を繰り返しネタにしているのも印象的。おかげでガチで『フラッシュ・ゴードン』がリメイクされることになったという嘘のような本当の話。

 

 

ブルックリン ナイン-ナイン

2013年~ アメリカ
出演:アンディ・サムバーグ、テリー・クルーズ

ブルックリン・ナイン-ナイン シーズン6 コンプリートBOX[DVD-PAL方式 ※日本語無し](輸入版) -Brooklyn Nine Nine Season 6-

ニューヨーク市警の活躍を描くコメディドラマ。
警察モノながら良い意味でシリアス感はゼロ。肩の力を抜いて楽しめる秀作です。2021年4月現在、シーズン6まで配信中。

おバカだけど頭の回転がめちゃくちゃ早いジェイクや、真面目すぎて毎回失敗する残念美人のエイミーなど、登場人物らのキャラ立ち具合がハンパじゃありません。全員超がつくほど個性的かつ魅力的。
しかもみんな仲良しなんですよね。俺もこんな職場で働いてみたいランキング堂々の1位。

なお遠藤樽助のマシンガントークが冴え渡る日本語吹き替え版が特におすすめ。
英語の言葉遊びやダジャレが多い作品ですが、それらの要素も上手いこと日本語に落とし込まれています。もはや職人芸のローカライズ。

毎回複数のエピソードを同時に進行させつつ、1つのオチにきれいに纏め切る脚本力も凄い。1話30分というテンポの良さもグッド。
とにかく観ていて厭な気持ちになる瞬間が1ミリも無い、ストレス解消や箸休めに最適な一作です。

好き過ぎてまとめページ作ってしまった。
⇩よかったらこちらもどうぞ。

せっかくだから俺は『ブルックリン ナイン-ナイン』の最高に愉快な仲間を紹介するぜ!

続きを見る

 

 

リック&モーティ

2013年~ アメリカ
監督:ジャスティン・ロイランド、ダン・ハーモン
出演:ジャスティン・ロイランド、クリス・パーネル

リック アンド モーティー ポスター ウォーズ 245 / Rick And Morty Poster Wars 245

アル中の天才科学者リックと、その孫のモーティが毎回摩訶不思議な騒動を引き起こすオゲレツSFアニメ。

本作の魅力は、とにかく見た目に反して本格SF作品であること。これに尽きます。
色々な映画のパロディを盛り込んだ奇想天外なストーリーがとにかく面白い!

しかも毎話複数のエピソードが相互に影響し合う展開になり、1話30分間が超濃密。
さらに劇中ずっとキマりっ放しのハイテンションギャグで腹筋を破壊しにきます。吹き替えのクオリティもめちゃくちゃ高い。

絵柄で食わず嫌いするのは勿体ない、驚異の大傑作です。
現に大手レビューサイトIMDbの評価は93/100点と超高評価。実は『シャーロック』や『ウォーキングデッド』よりも高かったりします。

 

 

 なんちゃって家族

2013年 アメリカ
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ジェイソン・サダイキス、ジェニファー・アニストン

なんちゃって家族(吹替版)

しがない麻薬密売人の男は、ひょんな失敗から闇組織に巨額の借金を負ってしまう。
返済できなければ待っているのは死…。
追い詰められた男は、知り合いのストリッパー、童貞少年、家出少女を巻き込んで「家族旅行のフリしてメキシコから麻薬密輸」という無謀な作戦を実行に移す!

ド直球のドタバタコメディです。
麻薬ネタという不謹慎さと、最初は仲悪い連中がやがて結束していくというロードムービーの王道スタイルが合体!
全体的にテンポよく良くまとまっており、安心して楽しめます。

主人公らのやり取りが面白いのは勿論のこと、旅の先々で遭遇するイタい別ファミリーも強烈すぎて腹筋崩壊は避けられない。
美熟女ジェニファー・アニストンのエロエロなストリップシーンも見どころです!なおエマ・ロバーツちゃんは1ミリたりとも脱ぎません。

 

 

帝一の國

2017年 日本
監督:永井聡
出演:菅田将暉、竹内涼真

帝一の國

総理大臣になって自分の國を創るのが夢の少年、帝一。
超名門高校・海帝高校に入学した帝一は、野望の第一歩として生徒会長への当選を目指す!

現実の政界をパロディ化した選挙活動コメディ。

「強い者には躊躇なく尻尾を振る!」
「浮動層はカネで黙らせる!」
などなど、恥も外聞もなく票集めに奔走する高校生たちの姿に爆笑してしまいます。

そんなブラックな題材なのに、青春映画らしい(そしてジャンプ原作らしい)友情・努力・勝利なエッセンスも完備しているという憎い逸品。
セリフのテンポがやたらと良いのもグッド。

なお、現代を代表するイケメン俳優がこぞって出演している点で目の保養になる点も見逃せません。
とりわけ特撮ファンは仮面ライダーWと仮面ライダードライブとゴセイレッドが一堂に会する絵面で喜びの鼻血があふれ出る。

 

 

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

2009年 アメリカ
監督:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ

ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い (吹替版)

結婚を明日に控えた親友を祝い、独身最後の夜を派手に盛り上げる3人の男たち。
しかしふと気が付くとすでに翌朝。羽目を外し過ぎたらしく、パーティーの途中から記憶が無い。しかも部屋には赤ん坊、浴室にはトラ、レンタカーはパトカーに入れ替わっており、揚げ句花婿は行方不明。昨晩俺たちは何をした!?

記憶が無い状態で話が始まりストーリーを逆から辿っていくという、言わば下ネタ版『メメント』。
バカバカしいお話ながらこの脚本が絶妙で、回想シーンを(エンドロールまでは)敢えて挿入せず観客が登場人物たちと同じ目線でストーリーを追えるようになっている構図が素晴らしいです。

なお、これ一作で主演のブラッドリー・クーパーは一躍トップスターに躍り出ました。本作の面白さを裏付けるエピソードですね。

あとヘザー・グラハムが出演当時40歳とは思えない可愛さ!

 

 

ゴーストバスターズ

2016年 アメリカ
監督:ポール・フェイグ
出演:クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー

ゴーストバスターズ (吹替版)

トンデモ本の執筆がバレて失職した物理学者は、昔の悪友と組んで「幽霊退治会社」を設立する!

冴えないオッサン達を主役に据えたSFコメディの金字塔『ゴーストバスターズ』を、30年ぶりに出演者総入れ替えでリブートした一作。今度の主役は非モテのリケジョ。

公開当時は「女性が活躍するのが我慢できない系のおじさん(別名:老害)」から大人げない誹謗中傷を食らうという事故に見舞われましたが、映画の出来自体はまっこと面白く仕上がっています。

特に笑えるのがゴーストバスターズの秘書として登場する"雷神"クリス・ヘムスワース。筋肉イケメンとして絶大な人気を誇る彼が、どうしようもないほどのおバカちゃんを演じているのがとにかく最高です。エンディングは必見!

カメオ出演している初代ゴーストバスターズの面々も必見です。扱いの雑さも含めて。
熱い「女の友情」が堪能できる、個人的に大好きな一本。続編企画がポシャったのが本当に惜しまれる…( ;∀;)

 

 

 ソニック・ザ・ムービー

2020年 アメリカ
監督:ジェフ・フォウラー
出演:ジェームス・マースデン、ジム・キャリー

ソニック・ザ・ムービー (字幕版)

遠い惑星からやって来た音速ハリネズミのソニックは、町の保安官とともに悪の科学者に立ち向かう!

セガが誇る人気キャラクター・ソニックを、満を持して映画化した一作です。
過去の映像化作品ではやんちゃな熱血野郎として描かれることが多かったソニックですが、本作ではひたすら早口で喋りまくるカワウザキャラ。スピード感あふれるアクションシーンとの親和性が抜群だぜ!

あと悪役のロボトニック博士(エッグマン)を演じるジム・キャリーがノリノリ!
ひさびさに活きのいいジム・キャリーが見られて眼福です。
原作と全然ビジュアル違うじゃん!というツッコミにはちゃんとアンサーが用意されているので、エンドロール後のおまけも是非必見!

「セ~ガ~♪」のタイトルロゴが懐かし泣かせます。

 

 

ナイスガイズ!

2016年 アメリカ
監督:シェーン・ブラック
出演:ライアン・ゴズリング、ラッセル・クロウ

ナイスガイズ!(字幕版)

さえない私立探偵とぶっきらぼうな「殴り屋」が手を組み、ある少女の失踪事件を調査することに。
しかし事態は思わぬ展開となり、二人は巨大な陰謀に巻き込まれていく…!

90年代映画の華『リーサル・ウェポン』シリーズの脚本家が、自らメガホンを取ったアクションコメディ。
なのでノリがまんま90年代(舞台になるのは70年代だけど)。
木曜洋画劇場とか好きだった人は大歓喜でしょう。

『ブレードランナー2049』などのクールなイメージでお馴染みのライアン・ゴズリングさんが、徹底的に使えない超ヘタレの探偵を演じているところも見逃せません。
家に忍びこむため窓ガラスを叩き割ったら破片でケガして大出血するシーンは爆笑。
どんな役でもこなせるとウワサのゴズリングさんですが、ついにお笑い面でも非凡であることを証明してしまいました。
万能感あふれるゴズリングさん。
ハリウッドのオルランドゥ。

なお『ナイスガイズ!』続編の話が持ち上がり中らしいです…頼む完成まで漕ぎつけてくれ!是非観たい!

 

 

 

まだまだあるぞおすすめ映画!

当ブログではコメディ以外のジャンルでもNetflixで観られるおすすめ作品を紹介中です。
よかったら他記事もどうぞ。

-Netflix, 映画, 海外ドラマ

© 2021 おふとんでシネマ