Netflix

Netflix『日本沈没2020』第1話感想 湯浅監督らしい人物描写と、らしくない都市崩壊描写…これはなんだか凄そう!

2020年7月13日

今回はついに配信開始となったNetflixオリジナルアニメ『日本沈没2020』の感想記事です。
湯浅政明×Netflixという組み合わせは、バットマン×クリプトナイトに比肩し得る最高のベストマッチ。これは期待大!

 

なお私は『日本沈没』シリーズに関してはまったくの無知。
小松左京の原作はおろか、過去のいずれの映像化作もまったく見たことがないという生粋のライトチンボツァーです。チンボツァー。日本沈没視聴者のこと。

なので、熱心な小松ファンからは「お前ちょっとは勉強してから記事書けよ!」と怒られること免れ得ませんが、もし本当に怒られても威勢よくシカトして勝手気ままに感想を書き散らしたいと思います。

まずは第1話!

 

 

日本沈没 第1話:オワリノハジマリ

2020年 日本
監督:湯浅政明
出演:上田麗奈、村中知、佐々木優子

 

東京で穏やかな日々を過ごす武藤家。
そこへ大地震が到来し、当たり前だった日常はもろくも崩れ去る。

高校陸上選手の武藤歩は、地震で重傷を負った同僚を見捨て家族と再会するべく変わり果てた町をひた走るのだった。

 

評価 B

 

第1話オンリーでは一本の映像作品としてはまだ評価しにくい感じ。
とは言え濃厚な湯浅テイストはすでに充分堪能できます。
独特かつ抽象的な人物の動かし方…。
影をつけず色と線で表現し切る画面構成…。
僕らの湯浅が帰ってきた!

湯浅監督の得意技である「走る」主人公もばっちり登場。
『デビルマン cry baby』では登場人物らの走る姿でその人間性を表現するという斬新すぎる演出をぶち上げ、全ネトフリユーザーの度肝を抜いてましたからね。
今回も、歩が陸上選手であることが物語の上で重大な要素になってくるのでしょう!…多分。

 

しかし容赦のない都市崩壊描写は、過去の湯浅監督のメルヘンチックな世界観とは一線を画します。いつものデフォルメっぷりが鳴りを潜め、日常が崩壊する怖さをそのままリアルに描き出そうとしている。

その怖さが一番出てたのが、歩が陸上練習後に訪れる女子更衣室のシーンでしょう。
ロッカーと天井の間に突っ張り棒がなく、ロッカーの配置も壁沿いじゃない…。
これから大地震が起きることを知っている一視聴者としては「この部屋ってば地震対策がなっちゃいねぇ!危ないから全員出ろ!」と言いたくなります。

が、もちろんその言葉は届かず地震到来。
「揺れる」という表現をブッちぎった超絶レベルの天変地異で、ある女子高生は天井に叩きつけられ絶命し、別の女子高生はロッカーの下敷きになって潰れトマトになります。たちまち室内は血の海。

女子更衣室という甘ずっぱい響きとはかけ離れた地獄絵図…。
日本人のDNAに刻み込まれた "地震への恐怖" が賦活される、激コワのシーンだと思います。
ロッカーの転倒対策はちゃんとしよう…。天井との間の突っ張り棒も、効果のほどは諸説あるけど無いよりマシだろ少なくとも…。

 

いずれにせよ残酷描写や背景描写がリアル寄りで、湯浅監督の「今までと違うことをやろう」という気概がヒシヒシ感じられる『日本沈没2020』。
こ、これは名作の予感…。
同じディザスターアニメの名作『東京マグニチュード8.0』との比較も面白そうです。

 

まだ第1話につきストーリーは始まってもいない雰囲気なので、さっそく第2話にいってみたいと思います!

『日本沈没2020』第2話感想 ハンパなく頼もしい武藤さんちの親父さん!からの~…

続きを見る

 

 

Tokyo Magnitude 8.0: Complete Collection [Blu-ray] [Import]
東日本大震災の直前に作られた奇跡の一作。
ディザスターアニメの金字塔です。涙腺崩壊警報。






-Netflix

© 2020 おふとんでシネマ