Amazonプライムビデオ 映画

『すばらしき映画音楽たち』感想 超貴重な映像で綴られる映画音楽の舞台裏 音楽の力ってやっぱスゲェ…

Amazonプライムビデオで配信中(2020年6月現在)のドキュメンタリー映画『すばらしき映画音楽たち』を紹介します。

ジョン・ウィリアムズにダニー・エルフマン、エンニオ・モリコーネ、そしてハンス・ジマー…。
伝説的な映画音楽家たちのインタビューを軸に音楽の魅力へ迫った、見応え抜群のドキュメンタリーです。

 

 

すばらしき映画音楽たち

2017年 アメリカ
監督:マット・シュレーダー
出演:ハンス・ジマーほか多数

すばらしき映画音楽たち(字幕版)

 

評価 B

 

本作の監督マット・シュレーダーは、アメリカ最大の放送局であるCBSで活躍したエリート放送作家。
複数のエミー賞受賞歴もある実力派です。

人がうらやむようなエリート街道を爆進していたマット氏ですが、2014年に突然の退社。
そう、本作『素晴らしき映画音楽たち』を製作するためです。
驚くべき執念…どんだけ映画音楽好きやねん。

 

そうして完成したこの『素晴らしき映画音楽たち』は、実力派放送作家の愛と情熱と執念が結集した凄い作品に仕上がっています。
もう、魂が込められている感じ。

 

序盤は映画の歴史を追う内容。
無声映画の時代、トーキー映画の普及、そして映画音楽の台頭…。
さすがテレビ局出身者と言うべきか非常に分かりやすくまとまっており、NHKスペシャルを見るような気分で楽しめます。

 

そしていざ映画音楽の紹介が始まると更にノリノリ。

映画音楽の重要性を示す一例として登場する
「敢えてBGM無しにしてみた『サイコ』の惨殺シーン」
は特に面白かったです。
ほんとに怖くなくなってるんだもん。

 

 

迫る殺人鬼!
でもBGMがないと無味乾燥…。

 

 

映画音楽の舞台裏映像も非常に面白い。
特に印象的なのはスタジオ演奏家たちの活躍シーンです。

作曲家が「こんな感じでよろしく」と言ったら、その場で完璧に注文通りの演奏を実行します。
練習は無し、初見の本番一発
こ、これがプロか…。

 

 

ムチャ振りもその場で易々こなすスタジオミュージシャン。
どんな人生歩んできたらその境地に至れるんだよ!

 

 

締め切りに追われて胃壁を荒らす映画音楽家たちの、生々しい困窮っぷりが収めれられている点も印象的。

「ふえぇ…まだ音楽完成してないのに予告編が先に公開されちゃったよぉ…」
というエピソードは悲惨すぎて逆に笑いがこみ上げます。

 

スピルバーグの注文を逐一聞いて「こんな感じ?」とメロディを披露するジョン・ウィリアムズのシーンも凄い。
そうしてリアルタイム紡がれていく名曲『E.T.のテーマ』…。
もはや存在していること自体が奇跡みたいな貴重な映像と言えるでしょう。

なおジョン・ウィリアムズにヨイショするだけの懐古主義に陥らず、『アベンジャーズ』や『トランスフォーマー』、『マッドマックス怒りのデスロード』など僕らが好きそうな映画もちゃんと押さえているところが好感度大。

映画音楽を語るなら『怒りのデスロード』は絶対外せませんよね、そりゃそうか。

 

 

ウォーボーイズの戦意をアゲるため爆演!
文字通りエレキギターが火を噴くぜ!!

 

 

音楽は映画の添え物などではなく、ある意味では主役ですらある…。
そんな視点を与えてくれる傑作ドキュメンタリ―です。
未見の方はぜひおすすめ。






-Amazonプライムビデオ, 映画

© 2020 おふとんでシネマ