Netflix 映画

Netflix『オールド・ガード』感想 セロンの新たなアイコンキャラが爆誕!

待望のNetflixオリジナル映画『オールド・ガード』がついに配信!
今日はその感想記事です。

 

 

オールド・ガード

2020年 アメリカ
監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演:シャーリーズ・セロン、キウェテル・イジョフォー

 

評価 C

 

有史以来、人類の歴史を影から守ってきた一団がいた。
彼女らはどれだけ重症を負っても死ぬことはない不死身の能力者。そして何千年の時を生き続ける不老の戦死だった。
そんな彼女らをつけ狙う邪悪な巨大企業…。
不死者vs悪党の戦いがいま始まる!

…というお話です『オールド・ガード』。

 

主演はアネゴ地球代表のシャーリーズ・セロン。
セロン女史はデビュー当時から美貌と演技力で類まれなるオーラを放っていましたが、『マッドマックス 怒りのデスロード』でさらに一皮剥け『アトミック・ブロンド』でアクション女優として覚醒。
『ワイルド・スピード』シリーズでもドッシリとした存在感を放つに至ったセロンネキは、もはやハリウッドきっての大御所腕っぷし女優とお呼びして間違いありません。
無敵の貫禄です。

 

そんなセロンが今回演じるのが不死身の傭兵軍団、そのリーダー・アンディです。
すでに数千年におよび戦い続けてきたアンディは、もはや歴戦という言葉ですら生ぬるい超ベテランの戦士。言わばパイセン・オブ・レジェンドです。
この貫禄は地球人類70億人中でもシャーリーズ・セロンにしか出せないであろうことは明白。まったく心得たキャスティングですよねナイス!

 

キャスティングと言えば、不死の傭兵軍団に協力を申し出る元CIA職員をキウェテル・イジョフォーが演じていました。
妻に先立たれて落ち込んで、それでも夜が明けなかったションボリやもめを例によって確かな存在感で演じきっています。グッド。
奇しくも本日7月10日はキウェテル・イジョフォーの誕生日でしたね。おめ!

なお監督はジーナ・プリンス=バイスウッド。…誰(;^ω^)?

 

エクスペンダブルズなんかメじゃないほど超高齢の傭兵軍団。

 

というワケで、不死身の傭兵軍団のお話ですが『オールド・ガード』。

不死者たちは、撃たれたり斬られたりすると一応ダメージは通る(しかもちゃんと痛い)んだけど、その場で瞬時に回復するって設定です。
傷がふさがると体内の弾丸が押し出されてペッと出てくるシーンはウルヴァリン度高し。

人類の歴史を影から守ってきたという設定には『アサシン・クリード』感があるので、本作『オールド・ガード』はウルヴァリンがアサシンクリードの暗殺教団に参加した話…と例えられそう。

ただしヨーロッパ中世暗黒時代のエピソードとかもからむので、その雰囲気は『X-MEN』なSF感というより『ハイランダー』のファンタジーさに近いかも。

 

ハイランダー/悪魔の戦士 4Kリストア版 [Blu-ray]
不老不死の騎士と言えばコレっすよね!

 

そのファンタジーさを強調するのがアンディの武器です。
アサルトライフルや拳銃(ちゃんと相手に押し当ててから発砲する礼儀正しさ)も使いこなすアンディですが、本気モード時に使うのは断然オノ

このオノがまたRPG感あふれるデザインで、ファンタジー感と厨二魂を盛り上げることおびただしい。たぶん、伝説の武器の一振なのでしょうが…劇中では特に説明はありません(;^ω^)

巨大な斧をブンブン振り回して殺意高いアクションを披露するアンディの雄姿には、シャーリーズ・セロンがまたひとつ新境地を切り開いたことを証明するのに十分な説得力があります。銃だけじゃなくて剣斧も行けるぜ!

 

ちまたのゲームでは不遇がちの斧。
セロンネキが使えば無敵ウェポン。

 

不死者は無敵の存在ではなく、むしろ死ねないゆえに様々な弱点を抱えるという設定も面白い。
頑丈なだけで身体能力は通常の人間程度だし、拷問され続けると死ねないばっかりに無限の苦痛を味わうハメになる。
アガリを迎えると突然治癒能力が失われ、いきなり死ぬ。しかもそれがいつ訪れるか知るすべはない…。

不死ゆえに通常の人間とは寿命の差でかならず死別するハメになる…という悲しみも『ハイランダー』に通じるものがあります。

そんな設定の数々を、新人不死者のナイルへの説明という形で物語に組み込む工夫もグッドでした。

 

ラストはシリーズ化への企みをまったく隠さず終わる『オールド・ガード』。
悪党どもに倒しがいが無くクライマックスが今一つ盛り上がらなかった『オールド・ガード』ですが、その点は続編で盛り返す気まんまんです。おそらく次の相手は悪の不死者軍団なのでしょう。

 

という訳で「本当の戦いはこれからだぜ!」っぷりが若干気に入らんでもないけど、ファンタジックな設定と銃撃&剣戟の見ごたえあるアクションは決してつまんなくはなかったです『オールド・ガード』。
気が早いけど続編に期待です!

そう言えばクイーンを演じてるの誰だっけと思ったら『スターウォーズ/最後のジェダイ』の冒頭で華々しく爆散した子だった。

 

pick up
【決定版】Netflixおすすめ作品まとめ

続きを見る

↑当ブログのNetflix関連まとめ記事はこちら!






-Netflix, 映画

© 2020 おふとんでシネマ