映画

スーパーマンである意味を失った?『マン・オブ・スティール』

投稿日:


おすすめ度
■□ □    5点

【あらすじ】
スーパーマンが悩む。
『ワンダーウーマン』が超絶高評価で盛り上がってきたー!!日本公開は今年8月!
この機にDCコミック映画を振り返ってみようシリーズその②!
クリス・ノーラン監督『ダークナイト』を経て正義のありかに悩む現代のハリウッド。その混沌から生まれた新たなるスーパーマンは賛否両論でした。パンツ履いてないし。

徹底的に大破壊

話のテンポが悪く、重厚というより単にモタモタしているだけの印象もある本作。

しかし観客に今一つ受け入れられなかった最大のポイントは、クライマックスでスーパーマンがゾッド将軍と戦うときメトロシティをぶっ壊しまくってしまうことでしょう。もちろんスーパーマンが自らの意思で街を破壊している訳ではなく、ゾッドが暴れるからやむを得ずの結果です。しかもそのゾッドを今ここで止めないと地球全体が危ない。メトロシティには犠牲になってもらったという訳です。

すでに続編を意識

実はこの過剰なぶっ壊しシーンは続編『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』への伏線になっています。多大な犠牲を出したこのゾッド戦は、スーパーマンは人類を滅ぼしかねないという疑惑を人々の間に植えつけ、その疑心に最も憑りつかれてしまうのがブルース・ウェインことバットマン。スーパーマンとバットマンが激突に向かう最大の動機付けという訳です。クリス・ノーラン的に深読みすれば自国の強大さに逆に不安を覚えるアメリカのメタファーとも捉え得ます。

超越を捨てた超越者

しかしいくら今後のシリーズ展開のためとは言え、街をぶっ壊し人々を巻き添えにしながら激しく戦うスーパーマンを一体誰が見たかったのか、という話です。1980年製作『スーパーマンⅡ』では同じゾッド将軍相手に戦うとき街に被害が出ないようわざわざ北極におびき寄せているというのに、本作ときたら恐らく数万人単位で出ているであろう死傷者に対して特に何のフォローもありません。

誰も犠牲にならない、みんながハッピーになる「たったひとつの冴えたやり方」なんてものは現実の世に存在しないことは誰もが知っています。でもスーパーマンはそこから一歩前に踏み出す「超越者」ではなかったのか。私は原作コミックに深い造詣がある訳ではありませんが、映画の過去作はいずれもそこを描いていたと思います。

完全に人間を超えた存在であるはずのスーパーマンが結局「ただの一人の人間と同じ次元で悩み苦しみ矛盾を抱えてしまう。
今までの映像化作品には無かったスーパーマンのアイデンティティーに切り込む斬新さと好意的に捉えることも出来ます。時代とともに同じキャラが換骨奪胎を繰り返すのもアメコミ映画の醍醐味でしょう。
それでも私の率直な気持ちはスーパーマンにはそんなことで悩んで欲しくなかった、です。バットマンならいざ知らず、カル・エルお前がそれを言いだしたら私たちただの人間は何を信じて生きていけばいいのかと。

クリス・ノーランも噛んでいる本作。暗くて重々しくすればウケるじゃろ!と現代風への改変を強行した結果、スーパーマンがスーパーマンである意味さえ失われてしまいました。

映画史上最大級のインフレバトル

破格の映像的迫力

と本作の重さには否定的なことを長々書いてしまいましたが、映像面ではやはりザック・スナイダー監督。ほかの追随を許さない破格の仕事をやってのけています。
特に序盤のクリプトン星の崩壊は物凄い迫力です。これを冒頭に持ってくる所が太っ腹ですね!
ゾッド将軍一派の「瞬間移動レベルの超スピードで攻撃→減速を経ずいきなり静止」という物理法則を無視した挙動は手に負えない強さの描写として冴え渡っていると思います。
殴って吹っ飛んだ相手に一瞬で追い付いてまた殴るというスーパーマンのブルータルな戦闘スタイルも素敵。超越者同士が本気を出した喧嘩を思う存分堪能できる点では、本作は唯一無二のレベルです。

父と子のドラマとしても見応えある

キャストも豪華です。特に生みと育ての二人の父親を演じるラッセル・クロウケビン・コスナーが頗るグッド。作品に渋み、深みを与えます。主役以外に大物俳優を添えるのはスーパーマン映画の伝統ですね。
でもラッセル・クロウが後半に文字通りいっぱい出てくるのはちょっとくどかった・・・。大物俳優だからこそ序盤で退場するのがインパクト大だったと思うのです。

新時代の原点、だが・・・

釈然としない点が多いのは事実ですが、圧倒的物量による大破壊や圧倒的スピード感で綴られる神々同士の喧嘩など、迫力の面ではきわめて非凡。
本作の賛否両論に始まり前途多難感が強かったDCエクステンデッドユニバースですが、『ワンダーウーマン』が圧倒的に高評価なので反撃の狼煙が上がった気配があります。この機に一度、DCユニバースの原点を見直すのもアリでしょう!
・・・と結ぼうと思っていたらなぜかNetflixで配信停止されてる!?あれ、前は観られた気がしたけど・・?
『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』と『スーサイドスクワッド』が見放題配信なのに『マン・オブ・スティール』だけ観られないなんて片手落ちにもほどがありますよ!求む再配信!



Pick Up

1

念願叶ってXbox One Xをゲットしました。 もう4Kだったり60FPSだったりでんほおおーしゅごいいーー!!なゲーム&映画生活 ...

2

世界中で売れに売れまくっているPS4。超鉄板タイトル『モンスターハンター:ワールド』も大好評でますます盤石です。 我が家でも大活躍。 201 ...

3

こんにちはmotimaです。 映画ファンにとって映画館は、喜びや興奮、笑いや恐怖などを追体験できる非日常の場。人生のありとあらゆる感動を与え ...

-映画

Copyright© おふとんでシネマ , 2018 All Rights Reserved.