映画

最高の映画 生涯ベストランキング1~10位

更新日:

当ブログはNetflixやAmazonプライムビデオで観られる映画の紹介がメインコンテンツです。…そのつもりです( ̄▽ ̄;)
なので「Netflixで観られるおすすめアクション映画」や「おすすめNetflixオリジナル映画」等の記事をこれまで書いてきました。

 

ところが。

 

数ヶ月ブログを運営して気付いたことですが、AmazonプライムビデオにしろNetflixにしろ配信コンテンツの入れ替わりが非常に頻繁です

 

すなわち「おすすめ○○映画10選!」みたいな記事をせっかく書いても、数か月後には配信終了してもう観られなくなっているという状況がたやすく発生するのです。
というか現に発生しまくりなので、おかげで定期的に配信状況をチェックして過去記事を加筆修正したりしてます。

だるいよ!ヽ(`Д´)ノ

面倒くさいよ!ヽ(`Д´)ノ

と言う訳で今回は、NetflixもAmazonも関係ねぇ!この俺自身の生涯ベスト映画を紹介してやる!!というコンセプトでお送りしたいと思います。おもむろにランキング形式で。
長くなったから今回は1~10位です!

 

 

1位 七人の侍 (1954年・日本)

七人の侍

戦国時代。野武士に脅かされる村を救うべく、七人の侍が集う!
アクション、恋愛、笑い、そして男の絆――映画が観客に与え得るすべての「面白い要素」を上映時間3時間半に極限まで盛り込んだ究極のエンターテイメントです。
不動のベスト1。

 

 

2位 パシフィック・リム (2013年・アメリカ)

パシフィック・リム(吹替版)

巨大怪獣vs巨大ロボットという少年の夢を真正面から描き切ったSFアクション大作です。

すべてのシーンで「こんな映画が観たかった!」と思わせてくれる奇跡の傑作です。

 

 

3位 スパイダーマン2 (2004年・アメリカ)

スパイダーマン2 (字幕版)

超能力に目覚めた平凡な青年ピーターを描くヒーロー映画の第2弾です。

ヒーロー映画はなぜ面白いのか。それはきっとスーパーパワーを持つヒーローも結局一人の人間であるという事実に自分を投影できるからではないでしょうか。
そういう意味では本作は徹底的に「主人公の等身大さ」にこだわっており、だからこそスパイダーマンの活躍が「愛する人の為に戦う者は誰でもヒーローなのさ」というメッセージに直結します。

世界観の膨張を続ける昨今のアベンジャーズシリーズとは真逆の路線ですが、個人的にはこの『スパイダーマン2』こそヒーロー映画の金字塔だと思っています。

 

 

4位 カサブランカ (1942年・アメリカ)

カサブランカ (字幕版)

第二次世界大戦下、ドイツ占領下のフランスを舞台に展開する男と女のドラマです。

イングリッド・バーグマンの時代を超えた絶世の美女っぷりが大変印象的。
「君の瞳に…乾杯。」に代表されるキメキメ名台詞もインパクト絶大です。

本作のテーマ曲“As time goes by”はスタンダードジャズの中でも特に好きな曲で、よく仲間とセッションしたものです。そういう意味でも非常に思い入れの深い映画ですたい。

 

 

5位 ゼロ・グラビティ (2013年・アメリカ)

ゼロ・グラビティ(字幕版)

事故で宇宙空間に放り出された宇宙飛行士を描いたパニックスリラー。
登場人物が(ほぼ)2人しか出てこないシンプルなストーリーに渾身の映像的説得力が加わり、生きることは戦うことであるというメッセージが強烈に迫ってきます。

冒頭の超絶長回しだけでもとんでもないインパクトですが、ジョージ・クルーニーが窓コンコンするシーンの感動はさらに生涯忘れ得ぬレベル!

ただし大画面での鑑賞が前提なのはネック。我が家はある意味この映画のためだけにホームシアターを導入しました。

 

 

6位 ワイルド・バンチ (1969年・アメリカ)

ワイルドバンチ ディレクターズカット (字幕版)

20世紀初頭。時代に取り残されていく強盗団を描いた「最後の西部劇」です。
クライマックスで展開する超絶暴力描写が圧巻。これぞ滅びの美学です。

絆があれば男同士の会話など「Let's go.」「Why not?」のふたことで十分なのがはっきり分かんだね。

 

 

7位 ダークナイト・ライジング (2012年・アメリカ)

ダークナイト ライジング (字幕版)

『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』に続くノーラン監督によるバットマン三部作の完結編です。

ノーランと言えば『ダークナイト』がとにかく絶賛される傾向にありますが、ジョーカーに問題提起を任せて解釈を観客に放り投げた同作よりも、恐れずに明快な幕引きを描き切った『ライジング』の方が断然好きです。

ジョセフ・ゴードン・レヴィットを「あの場所」が迎え入れるラストはバットマンの戦いが終わったことを示唆する100点満点の名シーン。観ると毎回涙が止まらない。

 

 

8位 L.A.コンフィデンシャル (1998年・アメリカ)

L.A.コンフィデンシャル 製作20周年記念版 [Blu-ray]

夜の街の犯罪映画…いわゆるフィルム・ノワールの最高傑作です。とある殺人事件をめぐって3人の刑事の思惑が交錯します。

本作に出てくる男どもの魅力的なことと言ったらもう宇宙最強レベルです。謎キーワード「ロロ・トマシ」の捻った使い方もシビれます。
8位に選んじゃったけどカッコ良さ部門ではベストオブベストです!

 

 

9位 マッドマックス怒りのデスロード (2015年・アメリカ)

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

文明崩壊後の地球を舞台に、女たちは自由を求め砂漠を突き進む。

カルト的な人気を誇る往年のオーストラリア産アクション映画のリブート作です。
全編に通底する生きることは戦うことというメッセージが熱い。熱すぎる。

トム・ハーディほとんど喋らないくせにカッコ良すぎる。

衣装や車両のデザインも唯一無二すぎる。V8!V8!

 

 

10位 キック・アス (2010年・アメリカ)

キック・アス (字幕版)

コミックヒーローに憧れるひ弱な少年は手製のコスチュームで活動を開始。しかしやがて本物の犯罪組織との戦いに巻き込まれていく…。

「大いなる力には大いなる責任が伴う。じゃあ逆は?力の無い者には何の責任も無いのか?」という、上で紹介した『スパイダーマン2』とはあえて真逆のアプローチで等身大のヒーロー像を描いた大傑作です。

主人公が運命的に出会うことになる本物の超人ヒットガールが至高。かわいバイオレンス!

Amazonプライムデー

1

こんにちはmotimaです。 夏の風物詩ことAmazonプライムデーが今年もやって参りました。 プライム会員に向けた超絶お得なキャンペーンが ...

2

2018年のAmazonプライムデー開催が迫ります。今年は7月16日から! と言う訳で今回は、映画ファンの観点から私が実際にAmazonで購 ...

3

↑前回の記事でXbox Oneのおすすめゲームを紹介したので、こりゃあPS4の記事も書かにゃあ不公平じゃろ! と言う訳で今回はPS4で本当に ...

4

↑前回の記事で「映画の再生機として実は非常に優れているXbox One」の話をしたので、今回はXbon Oneの本領とも言えるゲームソフトの ...

-映画

Copyright© おふとんでシネマ , 2018 All Rights Reserved.