映画

『飢えた侵略者』感想 ダサ過ぎる邦題が問題だけど、静謐な演出が光る異色のゾンビ映画

投稿日:

■■■■■■■□□□ 7点

…何この邦題
原題の『Les affames(=飢え)』とはちょっと違うし、そこはかとなく日本語としてぎこちないし、誰が何を狙ってつけた邦題なのでしょう…。控えめに言ってダサ過ぎます。こんな題名の映画一体誰が見るんだよ!そう、俺以外は!!
という訳で思い切って観てみました『飢えた侵略者』
なんと!意外にも(←失礼)秀逸な異色ゾンビ映画でしたよ。やるじゃんNetflixオリジナル!

『ウォーキングデッド』のような濃厚なドラマは敢えて排し、死も絶望もすべてが淡々と過ぎていくという雰囲気が独特の終末感を醸します。ゾンビアポカリプスに巻き込まれて為す術無く死んでいく一般人にスポットを当てた着眼点が冴え渡っていますね。
好きですコレ!

広告




『28日後』と『ドーン・オブ・ザ・デッド』のヒット以来、ゾンビは全力疾走するものという一つの潮流が完成されました。ゾンビ映画とアクション映画のジャンルとしての距離がかなり近付いたということです。
その極北がゾンビ洪水映画『ワールドウォーZ』だったと思います。あれこそ活劇としてのゾンビ映画の到達点でしたね。

ワールド・ウォーZ(吹替版)
その点では本作『飢えた侵略者』のゾンビもこの潮流に乗るまごうことなき全力疾走系です。
しかしダッシュしてきたゾンビが犠牲者にむしゃぶりつくシーンなどは敢えて直接画面に出さず、その前後だけを描くことで余韻を持たせるスタイルが全編貫かれています。結果、ものすごく静かなゾンビ映画になりました。独特です、この雰囲気。

ゾンビは生きてる人間には理解不能

ゾンビ自体の描き方はさらに個性的です。
特に「振り返るとさっきまで誰も居なかった場所に複数のゾンビが整然と並んでいる」などのシーンはゾンビ映画の演出としてかなりの変化球。普通にビックリしておしっこちびりました。
また、ゾンビの習性についてはこれまで色んな映画が色んな設定をめいめい作っていますが、本作はこれまた(良い意味で)意味不明で尖ってます。
不可解さの映像表現として登場するあの椅子」のシーンは強烈なインパクトでした…。セリフを使わずあの「椅子」を映すだけで、とんでもない脅威がすぐそばまで迫っているという事実を表現するという手法には脱帽です。

淡白でも存在感ある登場人物たち

『ウォーキングデッド』のリックやダリルのような主人公感あるキャラは一切出てきませんが、だからと言って人間ドラマが希薄にはなっていないのも凄い。淡白なだけで、実際印象深いです。

ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1
中でも私のお気に入りは、序盤に音楽でわざわざゾンビをおびき寄せてからブッ殺していたあの女性。夫と息子を死なせて自分だけ助かってしまったというやり切れなさをゾンビへの攻撃力に転化し、中盤以降は出る映画を間違えてしまったかのような異様な戦闘力を発揮します。すげぇ!
なお意外と笑いの要素が多いのも緩急付けに一役買ってて好感触です。
ゾンビと思って間違えてウザいキャラクターの人間を撃っちゃったけど「う~ん、多分もう噛まれてたからノーカン!次!」で済ませるシーンは爆笑でした。
大作でもなければ大傑作でもないけれど、この映画と引き合わせてくれたNetflixに感謝したくなる印象的な一本でした。



Amazonプライムデー

1

こんにちはmotimaです。 夏の風物詩ことAmazonプライムデーが今年もやって参りました。 プライム会員に向けた超絶お得なキャンペーンが ...

2

2018年のAmazonプライムデー開催が迫ります。今年は7月16日から! と言う訳で今回は、映画ファンの観点から私が実際にAmazonで購 ...

3

↑前回の記事でXbox Oneのおすすめゲームを紹介したので、こりゃあPS4の記事も書かにゃあ不公平じゃろ! と言う訳で今回はPS4で本当に ...

4

↑前回の記事で「映画の再生機として実は非常に優れているXbox One」の話をしたので、今回はXbon Oneの本領とも言えるゲームソフトの ...

-映画

Copyright© おふとんでシネマ , 2018 All Rights Reserved.